「今」を満たして
「心」もうるおす
土佐文旦とすくも小夏

ABOUT US

わたしたちについて

30年以上、高知県宿毛市で森下農園として除草剤を使わずに土佐文旦
を作り続けてきた先代。
その大切にしてきた文旦畑を引き継ぐため、2022年三代目としてU
ターン移住したのが「ぽめろん果樹園」の始まりです。
これからは先代の求めたそのおいしさだけでなく、文旦や高知という
土地を通してたくさんの豊かさを感じる瞬間を届けたい。
そんな想いと共に、今日も山間の畑に向かっています。

\\ 農家直送 //

土佐文旦

サッパリなのに甘い。手が止まらない美味しさ

高知の果物の王様、土佐文旦。独特の爽やかな香りとプリプリとした粒感で、大きく感じる1玉もペロリと食べられます。
当園は30年以上、除草剤不使用。病気や害虫のための消毒も最小限に抑えて、収穫3か月前となる10月以降は使いません。
さらにギリギリまで木の上で完熟するのを待って収穫し、箱詰めする直前までひとつひとつ手で確認してお届けしています。

出荷時期:1月中旬~3月(なくなり次第終了)

― 食べ頃について ―

1月の収穫直後は酸味を感じるフレッシュな味わい、そこから少しずつ酸が抜けて2月~3月頃はさらに甘みがのってきます。
1月にご注文いただいた場合も、届いてからしばらく置いておくと追熟しますので、味の変化をお楽しみください。

― 保存方法 ―

直射日光は避け、冷暗所で保存してください。
冷蔵庫での長期保存は水分が抜けてしまうため、常温をおすすめします。
傷などがなければ、常温でも1か月ほど保存していただけます。

すくも小夏

文旦と同じ畑で栽培しているすくも小夏。文旦は、花のひとつひとつに小夏の花粉を手作業で受粉させて実にするため、文旦と小夏は切り離せない果樹でもあります。
初夏のごくわずかな期間に旬を迎える小夏は、皮と実の間にあるふかふかの甘皮に甘みがあり、厚めに残して食べるのが特徴です。
ほどよい酸味と濃厚な甘さで、生絞りジュースにもオススメ。

出荷時期:4月頃

― 食べかた ―

リンゴのように皮の黄色い部分を薄く向き、ひと口大に切ってお召し上がりください。

― 保存方法―

冷暗所で常温保存、気温が高い地域では冷蔵保存をおすすめします。

3つのお約束

30年以上、除草剤を使わずに育てています

しっかり実が色むまで収穫しません

収穫の3か月前から消毒等を施しません

楽しみかた、あれこれ

ひたすら丁寧にむいたり味わってみる
みんなで囲んで楽しむ
あのひとにおすそわけしてみる

心をうるおすための

マインドフルネス時間

マインドフルネスとは、「今」この瞬間に意識を向けること。
過去や未来ではなく今に集中し、そのありのままを受け入れている状態です。

日頃、わたしたちはスマホや広告、目や耳やあらゆるところから情報にさらされ
自分でも気づかないうちに不安や恐れ、焦りを感じています。
そしてモヤモヤした気持ちのまま日々に忙殺されていく…

「今」ここに目を向けるということは、そんな自分の状態に気が付き
フラットな視点をもつということ
今あるものに目を向けること。

例えば、文旦も小夏もちょっと皮をむくのが手間な果実ですが
ぜひ、食べるときに少しだけ集中してやってみてください。

皮から広がる香り、ちょっと力を入れて皮を剝ぐときの身体の感覚や
口に入れて味を感じるとき
そこに集中していると、それ以外のことが少しだけ頭から離れているはず。

マインドフルネス=余計なことに気を取られていない自分の状態は、
満たされた気持ちを取り戻してくれます。

マインドフルネスとは、「今」この瞬間に意識を向けること。
過去や未来ではなく今に集中し、そのありのままを受け入れている状態です。

日頃、わたしたちはスマホや広告、目や耳やあらゆるところから情報にさらされ
自分でも気づかないうちに不安や恐れ、焦りを感じています。
そしてモヤモヤした気持ちのまま日々に忙殺されていく…

「今」に目を向けるということは、そんな自分の状態に気が付き
フラットな視点をもつということ
今あるものに目を向けること。

例えば、文旦も小夏もちょっとだけ皮をむくのが手間な果実ですが
ぜひ、食べるときに少しだけ集中してやってみてください。

皮から広がる香り、ちょっと力を入れて皮を剝ぐときの身体の感覚や、口に入れて味を感じるとき
そこに集中していると、それ以外のことが少しだけ頭から離れているはず。

マインドフルネス=余計なことに気を取られていない自分の状態は、満たされた気持ちを取り戻してくれます。

「今」を満たそう

仕事、家事、子育て、毎日はあっという間。
そんな日々の中で、人生を考えたとき
本当に大切なものってなんでしょうか?

私たちは気が付くと、「不足」や「ない」ものに
目が行ってしまいます。

でも自然があって、文旦や小夏が育ってくれて、全国に送ることができて、共有できるあなたがいる

美味しいと感じる瞬間
分かち合う時間
嬉しい気持ち

文旦ひとつで、たくさんの「ある」に気が付きます。

当園がお届けしたいのは文旦や小夏だけではなく、その先。

過去や未来への不安、恐れも
「今」美味しく食べることに
意識を向けられたら
共有できる喜びを感じられたら

そうやって満ちた時間を増やしたら
人はもっと優しくなれるはず。

私たちは文旦と小夏を通して

すでにたくさんある豊かさを
自然も人も調和する生き方を
共に創っていきたい
循環させていきたいと
願っています。

仕事、家事、子育て、毎日はあっという間。そんな日々の中で人生を考えたとき、本当に大切なものってなんでしょうか?

私たちは気が付くと、「不足」や「ない」ものに目が行ってしまいます。

でも自然があって、文旦や小夏が育ってくれて、全国に送ることができて、共有できるあなたがいる

美味しいと感じる瞬間
分かち合う時間
嬉しい気持ち

文旦ひとつで、たくさんの「ある」に気が付きます。

当園がお届けしたいのは文旦や小夏だけではなく、その先。

過去や未来への不安、恐れも
「今」美味しく食べることに
意識を向けられたら
共有できる喜びを感じられたら

そうやって満ちた時間を増やしたら
人はもっと優しくなれるはず。

私たちは文旦と小夏を通して

すでにたくさんある豊かさを
自然も人も調和する生き方を
共に創っていきたい
循環させていきたい

それがぽめろん果樹園の願いです。

CopyRight 2022- ぽめろん果樹園(旧森下農園)
All RightsRreserved